Apple Musicとは!? 11コのおすすめポイントと使い方,評判など

Apple Musicとは

 

Apple Musicをご存知ですか!?

今話題の定額音楽ストリーミングサービスの1つですよね。

 

iTunesを使ってるユーザーは使ってみようか悩んでみた方も多いはず!(iTunes使ってるとよく広告が出てきますよね笑)

実は私も気になって利用し始めました。

 

数あるサービスの中で今私が利用してるのはこのApple Musicです。

音楽好きにはとってもおすすめなサービスですよ!

 

以下では、Apple Musicのおすすめポイント11コともに使い方、そして評判などを書いています。

ぜひ利用する際の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Apple Music(アップルミュージック)とは

新しく生まれ変わった Apple Music
  • 運営:Apple Inc.
  • 料金:月額980円(ファミリープランや学割があります)
  • 曲数:4500万曲
  • 音質:最大256kbps

iPhoneやMacでおなじみのAppleの音楽聴き放題サービス、Apple Music(アップルミュージック)

音楽を聴くだけでなくミュージックビデオも楽しむことができます。

 

取り扱ってる楽曲は4500万曲と業界最高水準です。

利用者の数が年々増加傾向にあり、有料会員数が世界で4000万人を突破しております。(2018年4月現在)

 

また日本国内の利用者数が2位ならびに、顧客満足度が3位というデータも出ています。(「2018年 定額制音楽配信サービス利用動向に関する調査」から)

 

以下のもので利用することができます。

※引用:Apple公式サイト

  • IOS(iPhone)
  • Apple Watch
  • Apple TV
  • Mac
  • CarPlay
  • Windowsパソコン
  • Android

 

 

こういう人におすすめだよ

Apple Musicを利用していて感じるのは、以下のような方におすすめだということです。

  • レコメンド機能重視
  • コアな曲を聴く、探す(掘る)
  • (個人的にはハウスミュージックに興味ある人)

 

なぜならこのサービスの強みは、「レコメンド機能の的確さ」と「楽曲の幅」だと感じたからです。

音楽がめちゃくちゃ好きで、自分から良い音楽を探しちゃうようななかなかの音楽好きにはもってこいなんですよ。

Apple Musicは「あなたが発見したいであろう曲と高確率で出会える」サービスなんです。

私はハウスミュージックが好きなんですが、ハウスミュージックみたいなコアな曲でもちゃんとおすすめを表示してくれます。

 

その代わりApple Musicは少し操作が難しいので、逆にもっと軽い感じで音楽を楽しみたいならSpotifyやAWAなどのサービスをおすすめします。

 

 

Apple Musicの11コのおすすめポイント

Apple Musicの11コおすすめポイントをずらっと書くと、

楽曲との出会いをすすめてくれるであろう6つの機能

❶「For You」機能で出会う
❷「Connect」機能で出会う
❸「見つける」から出会う
❹「Radio」機能で出会う
❺「ステーションを作成」機能で出会う
❻「Shazam」との連携で出会う

 

その他の注目ポイント5つ

❼歌詞表示ができる
❽オフライン再生ができる
❾「iCloudミュージックライブラリー」を利用できるようになる
❿Siriで操作できる
⓫ファミリープランで超オトク

 

まずは楽曲との出会いをすすめてくれるであろう6つの機能を紹介します。

❶「For you」機能で出会う

Apple Musicと言えば、なんといっても「For you」です。

「For You」は、”あなたのために”というその名の通り、おすすめを紹介してるレコメンド機能です。

再生履歴からユーザーの好みを分析し、プレイリストを作ってくれたり、おすすめのアルバムを紹介してくれます。

 

このレコメンド機能のすごさは、正直他の定額音楽ストリーミングサービスと一線を画してると感じています。

本当にユーザー好みの曲を提供してくれるんですよ。

素晴らしすぎて私は利用中に泣けてきました。。

 

たとえば私はハウスミュージックが好きですが、楽曲に関しても、プレイリストに関してもとても素晴らしい曲をおススメしてくれます。

「ハウスミュージック」のようなそこまで一般的でないようなジャンルの楽曲をここまで的確にレコメンドしてくるのは本当にスゴイ!

 

 

「For You」の項目は

  • Apple Musicから利用者のためだけのオリジナルミックス
  • おすすめプレイリスト
  • おすすめアルバム
  • 登録してるアーティストのプレイリスト
  • ニューリリースからのおすすめの楽曲
  • 登録してるアーティストやキュレーター(音楽専門誌や業界の著名人などApple Musicの音楽エキスパート)の最新情報(Connect機能)

などなど。

これらが随時アップデートされつつ配信されるんです。

例えば私のようにダンスしてる方やDJ初心者の方ような、音楽をよくネットで探すユーザーにとってはたまらない機能でしょう。

 

 

またレコメンド機能の精度を上げたい場合は、お気に入りの曲を見つけたとき「・・・」にある、ハートの「ラブ」マーク、または気に入らない曲の場合は「好きじゃない」マークをタップしましょう。

これを繰り返すことによって、よりあなたに合った曲が提供されるようになります。

 

他にも初期設定の「赤いバブル」により精度をあげることができます。

この赤いバブルは初期設定時だけでなく、利用中に変更可能です。

「For You」内にあるプロフィールアイコンをタップ

→下の方にある「アカウントを表示」をタップ

→「好きなアーティストを選択」をタップ

から変更可能です。

 

 

❷「Connect」機能で出会う

 

Apple Musicには、アーティストやキュレーターをフォローする「Connect」という機能があります。
(For Youタブを下にスクロールすると出てきます。)

フォローすることによってそのアーティストやキュレーター(選別者)の最新情報を確認することができるようになります。

他のサービスは最新曲の確認程度しかできないのに対し、Apple Musicは「いいね」「コメント」ができるようなプチSNSになっているのがおもしろいです。

もしかしたら憧れのアーティストと交流できるかも!

 

方法は

フォローしたいアーティストを探して、そのアーティストのページを表示します。その後、以下の手順を実行してください。

  • iPhone、iPad、iPod touch:「ピンクの円の中に白い小さな丸印が横に 3 つ並んだアイコン」をタップし、「Connect でフォロー 」をタップします。
  • Mac または Windows パソコン:「青い円の中に白い小さな丸印が横に 3 つ並んだアイコン」をクリックし、「フォロー」を選択します。
  • Android 電話端末:「ピンクの円の中に白い小さな丸印が縦に 3 つ並んだアイコン」をタップし、「Connect でフォロー」をタップします。

引用:Apple 公式サイト

 

とりあえず気になるアーティストはConnectでフォローすることをおすすめします。

私はこの「Connect」機能によって、アーティストの最新曲はもちろん、アーティストがおすすめする曲や好きな曲などを知ることができました。

 

 

❸「見つける」から出会う

「見つける」タブの画面からは、新着ミュージックプレイリストミュージックビデオ、またランキングジャンルごとなど、様々な方法で楽曲を探せます。

「For You」でレコメンドされたもの以外でも良い曲を探したいときはぜひ「見つける」から探してみてください。

 

その中でも私は個人的には、プレイリストで楽しむことをおすすめします。

このプレイリストは、機械的にまとめたものではなく、音楽のエキスパートの手によってキュレーション(選別)がなされています。

“エクササイズ”や”パーティー”、”リラックス”など「アクティブ&ムード」ごとにもプレイリストを探せるのがうれしいです。

 

あとは「ジャンル」から好きな曲を探すとき探すことも多いです。

ジャンルを選ぶと、そのジャンルの

  • ニューアルバム
  • プレイリスト
  • 注目トラック
  • ニューリリース
  • アーティスト プレイリスト
  • ミュージックビデオ
  • Radio
  • 必聴アルバム
  • ニュース

などが表示されます。

 

 

❹「Radio」機能で出会う

Apple Musicでは、Apple Music独自の放送局「Beats 1」や「ステーション」などのラジオ放送を楽しめます。

今では放送局がいっぱい増えてるのでまずはいろいろ聴いて楽しんでみてください。

 

まず「Beats 1」ですが、Appleは専門のDJを雇っており、毎日24時間、全世界100 カ国以上にライブ放送されています。

素晴らしい音楽を流すだけでなく、音楽や音楽文化の注目トピックに関する議論や、独占インタビューも放送されます。

 

またBeats 1」以外にも「ステーション」という機能もあります。

「ステーション」では音楽のジャンルごとにRadioを楽しむことができます。

たとえばハウスミュージックを聴きたいときはハウスミュージック用のRadioステーションが用意されてるんです。

 

他にもJ-Popからアニソン、クラシック、ヒップホップや韓国ドラマのヒット曲、メタルから落語など多岐にわたってRadioが用意されています。

 

 

❺「ステーションを作成」機能で出会う

 

実は元々用意されているRadioのステーション以外でも、独自にカスタムステーションを作成することができます。

カステムステーションは、あなたが今聴いてる曲に近い曲をラジオみたいにずっと流してくれる機能です。

 

方法は、以下の通りです。

ステーションを作成したい曲やアルバムを見つけてから、以下の手順にそって作成してください。

  • iPhone、iPad、iPod touch:「ピンクの円の中に白い小さな丸印が横に 3 つ並んだアイコン」をタップするか、3D Touch を使って、「ステーションを作成」をタップします。
  • Mac または Windows パソコン:iTunes で、曲の名前の横にある 「青い円の中に白い小さな丸印が横に 3 つ並んだアイコン」をクリックし、「ステーションを作成」をクリックします。
  • Android 電話端末:「ピンクの円の中に白い小さな丸印が縦に 3 つ並んだアイコン」をタップして、「ステーションを作成」をタップします。

すべての Apple 製デバイスで、Siri に「… でステーションを作って」とお願いすることもできます。「…」の部分には、曲名、アルバム名、またはアーティスト名を入れてください。

引用:Appleの公式サイト

 

また☆をタップして、「これと似た曲を再生」または「これと似ていない曲を再生」をえらんでいくことによって、楽曲の調整を行えます。

 

 

❻「Shazam」との連携で出会う

「Shazam」は、周りで流れてる音楽を認識できるアプリですね。

一度は使ったことがあるのではないででしょうか。

 

2017年末にAppleはShazamを買収することを発表しましたことでも話題になりましたね。

Shazamをつかってみると以下のように、すぐにApple Musicへリンクできるようになっています。

気になった曲をShazamで認識したら、Apple Musicですぐに聴けちゃうし保存できちゃうんです。

便利すぎません!?

 

カフェとかコンビニとかクラブとかでいい曲聴こえたらすぐにApple Musicでダウンロードしちゃいましょう。

 

 

ここまでは「楽曲との出会いにおける」機能を紹介してきました。

Apple Musicには他にも注目すべき便利な機能があります。

以下で説明していきます。

 

 

❼歌詞表示ができる

 

Apple Musicは歌詞を表示することができます!

方法は、

iPhone、iPad、iPod touch、Android 電話端末の場合

曲を聴きながら、画面の下部にあるプレーヤーをタップするか上にスワイプして、「再生中」画面を開きます。「歌詞」の右側の「表示」をタップします。

引用:Apple公式サイト

また、もちろんMacやWindowsなどのパソコンでも表示できます。(詳細:Apple公式サイト

 

実は歌詞が表示できるようになったのは、iOS 10以降と比較的最近!

どんどん進化を続けてるApple Musicさん、さすがです!

 

 

❽オフラインで再生できる

 

改めてですがApple Musicはストリーミングサービスです。

通信量が心配なんだけど、、とお悩みの方も多いはず。

 

ただApple Musicはアプリ内に楽曲をダウンロードして、オフラインで再生することができます。

何度も聴くような曲はダウンロードしておけば、通信料をかけることなく聴くことができます。

 

方法は、

(1)まずライブラリにー追加します。iPhone、iPad、iPod touch、または Android 電話端末では、1 曲だけ追加するときは 「プラスのアイコン」、アルバム全体を追加するときは 「追加のアイコン」 をタップします。

 

(2)ライブラリーに追加後、 雲マークの「ダウンロードアイコン」 をタップします。

 

とても簡単ですね。

通信量が心配な方はぜひWi-fi環境下でダウンロードしてから聴くようにしてみてください。

(ダウンロード方法詳細:Apple 公式サイト

 

「iCloudミュージックライブラリー」をオンにしないとダウンロードすることが出来ません。

デバイス上の「設定」からオンにしましょう。

詳しくは以下➈より。

 

 

❾「iCloudミュージックライブラリー」を利用できるようになる

Apple Musicに加入すると自動的に「iCloudミュージックライブラリー」を利用できるようなります。

ところで「iCloudミュージックライブラリー」ご存知ですか?

 

「iCloudミュージックライブラリー」は「音楽版iCloud」みたいなものです。

要は音楽のクラウドサービスですね。

最大10万曲まで預けられるようになります!

 

だいたい次のような情報やコンテンツが保存されます。
  • Apple Musicから追加した曲、アルバム、プレイリスト
  • iTunes Storeで購入した曲
  • iTunesライブラリ(パソコン内の曲)

この機能によって、パソコンのiTunes上にある楽曲も「iCloudミュージックライブラリー」に保存されるため、転送/同期作業なしにiPhoneで聴けるようになりますね。

10万曲までなら手持ちの楽曲をいつでも呼び出せるということです。

これは超便利!

あらゆるソースを1箇所に統合して音楽を楽しみたい方には、Apple Musicをぜひおすすめです。

 

 

また「iCloudミュージックライブラリー」をオンにしないとオフライン再生が出来ないので、私はオンにすることをおすすめします。

 

オンにする方法は、「設定」>「ミュージック」の順に選択し、「iCloud ミュージックライブラリ」をタップしてオンに切り替えるだけです。

(詳細:Apple公式サイト

 

一つ注意なのが、Apple Musicによる「iCloudミュージックライブラリー」の利用だとApple Music上にあるものと合致する曲に対してはDRM(デジタル著作権管理)が付与されてしまいます。

このDRMが付与された楽曲は、Apple Musicの契約が切れた時点でDRM音楽を再生する権利を失うことになります。

よって、「iCloudミュージックライブラリー」を利用しているからと言って、パソコン上に保存してある音楽データを削除しないことをおすすめします。

 

 

❿Siriで操作できる

これはiPhoneなどのiOSを利用してる方限定ですが、実はApple Musicは「Siri」の音声操作で操作することができます。

Apple Musicを開いたまま、ホームボタンを長押しして「Siri」に話しかけてみてください。

 

例えば、

  • 曲名で検索

 

  • 雰囲気を指定して検索

 

  • 再生をストップ

こんな感じで操作できちゃうんです。

iOSのデバイスを使ってる方はぜひいろいろ試しちゃってください!

 

 

⓫ファミリープランで超オトク

※引用:Apple公式サイト

Apple Musicの料金プランは以下の3種類があります。

(1)個人メンバーシップ:月額980円
(2)学生メンバーシップ:月額480円
(3)ファミリーメンバーシップ:月額1,480円

(1)の個人の料金「980円」は他のサービスと横並びの料金となっているでしょう。

(2)の学生料金「480円」もおそらく他サービスと同等の料金です。(他サービスには学生料金もないものも多いですが、、)

 

ここで注目すべきは(3)のファミリープランですね!

Apple Musicの「ファミリーメンバーシップ」は6つのアカウントが発行されます。

つまり最大6名までApple Musicをファミリープランで利用できます。

2名で使用すれば1人あたり740円、3名で利用すれば約493円、、、6名で利用すれば約247円ととてもお値打ちな料金で利用することができちゃいます。

 

兄弟、含め家族に音楽に興味がある方いればぜひ誘ってみましょう!

かなりお得な料金で利用することができちゃいますよ。

 

 

以上がApple Musicの11コおすすめポイントです。

Apple Musicを使ってみたい方は以下からどうぞ!

公式サイト【Apple Music】3ヵ月無料トライアルはこちら
(Androdの方のみコチラから)

 

以下からは補足とまとめです。

Apple Musicを使って気になったこと

 

上ではApple Musicの良い点を紹介してきましたが、以下ではApple Musicを使ってみてちょっと気になったことを書きます。

 

もっとも感じたのは操作性です。

機能が豊富でかつシンプルな分、しっかり使い方を把握するまで時間がかかります。

また日本用というよりはどうしても英語圏向けに作られているように感じました。

なので正直慣れるまでは使いにくいと感じるかもしれません。

その代わり慣れちゃえばとても多機能に感じて、楽しいミュージックライフを過ごせるはずです。

 

 

次に音質ですが、SpotifyやAWAの最高音質が320kbpsに対し、Apple Musicが256kbpsと少々劣ります。

音質に相当こだわりを持つ方は気になるかもしれません。

ただぶっちゃけ私は違いはそんなに分かりません。
というかおそらく完全に違いが分かる方はそんなにいないかなと思います。

なぜなら256kbpsで十分高音質だし、聴こえ方はリスニング環境などにも左右されるからです。
(性能のいいイヤホンでないといくらいい音質でも意味がないという意見も、、)

確かにApple Musicが320kbpsで利用できるようになることは願っていますが、そこまで気にならないというのが本音です。

 

 

あとは楽曲に関してですが、他のサービスと同様取り扱っていないアーティストも多数存在します。

たとえばB’z、ミスチル、ポルノグラフィティ、サザンオールスターズ、aiko、ジャニーズ系などは2017年12月現在、私が使ったサービス上では取り扱ってませんでした。(Apple Musicだけでなく他の多くのサービスでもということです。)

どうしても聴きたいアーティストがいる場合は無料トライアル期間を利用してたしかめておいてもいいかもしれません。

ちなみに私はレコメンド(おすすめ)機能による「新しい音楽との出会い」が目的なのでさほど気になりませんでした。

 

 

Apple music登録方法

  1. 右のリンクからApple Musicの登録画面にアクセスします→Apple Musicの登録画面へ
  2. 「プランを選択」をタップします。(←はスマホの場合。パソコンの場合は「無料で始めよう」をタップします。)
  3. 3つのプランから好きなプランを選択します(選択したプランは色が変わり、チェックマークが付きます)
  4. 「トライアルを開始」をタップします
  5. IDで決済します
  6. お気に入りのジャンルを選んでいきます

 

基本的に画面の指示に従えば簡単に登録できます。

私はお気に入りのジャンルを選ぶのに少し手間取りましたが5分ちょっとくらいで登録出来ました。

 

支払い方法は、Apple Music にはじめて登録する際は以下のいずれかのみ選択可能です。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • キャリア決済 (対応している通信事業者を通じた決済)
  • 携帯電話事業者バンドル
  • iTunes Card と Apple Music ギフトカード

 

クレジットカードがなくてもApple Musicギフトカードなどで支払えるのはありがたいですね。

Apple Musicギフトカードは、Apple Storeの店頭や全国のソフトバンクショップ、コンビニ、家電量販店で購入できます。

カードは3カ月分(2940円)と12カ月分(9800円)の2種類が用意されています。

 

 

無料トライアル期間と解約方法

※引用:Apple公式サイト

Apple Musicの無料トライアル期間は3カ月とかなり長いです。

ただトライアル期間が終了すると自動で課金が開始されるので、もし利用するかまだ考えている方は一度解約するのもアリかもしれません。

 

以下が解約方法になります。(iPhoneの場合)

1.「For You」のアカウントボタンをタップ
2.下の方にある「アカウントを表示」をタップ
3.下の方にある「Apple IDを表示」をタップし、パスワードを入れる
4.「登録」をタップ
5.「Apple Music」の欄を選択
6.「登録をキャンセル」をタップ

です。

詳しくはAppleの公式サイトにものってるで、解約する際は参考にしてみてください。

 

 

Apple Musicの評判

 

TwitterからApple Musicの評判を見てみましょう。

 

さすが過去に顧客満足度が高いだけあって、良い評価が多かったような印象を受けました。

 

しかし聴きたい楽曲が取り扱ってないというツイートもちらほら見えました。

とりあえず一度無料体験をしてみて、その上で継続するか考えたほうがいいかもしれませんね。

 

ただ楽曲に関していえば年々取り扱ってる楽曲が増えてきてるので、今取り扱ってなくても将来的に聴けるようになる可能性は十分あります。

 

 

Apple Musicレビューまとめ

 

最後におさらいでApple Musicのおすすめポイントをまとめると、

楽曲との出会いをすすめてくれるであろう6つの機能

❶「For You」機能で出会う
❷「Connect」機能で出会う
❸「見つける」から出会う
❹「Radio」機能で出会う
❺「ステーションを作成」機能で出会う
❻「Shazam」との連携で出会う

 

その他の注目ポイント5つ

❼歌詞表示ができる
❽オフライン再生ができる
❾「iCloudミュージックライブラリー」を利用できるようになる
❿Siriで操作できる
⓫ファミリープランで超オトク

 

個人的に音楽好きにはほんとおすすめのサービス!

ちょっと操作がむずかしいので、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

使ってみるか悩んでる方は、まず3か月もある無料トライアル期間を活用してみてはいかがでしょうか!?

公式サイト【Apple Music】3ヵ月無料トライアルはこちら
(Androdの方のみコチラから)

スポンサーリンク

Apple Musicとは

シェアしていただけるととてもうれしいです!

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!仙台でハウスダンスしてるGAKUTOです。(本名です笑) このブログ「my Dance」は、大人からストリートダンスを始める人にダンスの情報をシェアできたらな!っていう想いで運営しています。 あとは日々感じたことや私が住んでいる仙台のこと、生活に役立つ情報などもつづっています。 レッスンなどのご依頼があればご連絡ください! どうぞよろしくお願いいたします。