AWAとは!? おすすめする3つの理由や比較、評判など【レビュー】

awaのレビュー

 

AWAってご存知ですか!?

ちなみに読み方は「アワ」です。

AWAは音楽ストリーミングサービス、つまり定額で音楽を聴き放題できるサービスです。

 

取り扱ってる楽曲数は業界トップの5000万曲!

日本の音楽トレンドの最先端を走るアプリです。

 

実際にAWAを使ってみましたが、とても良いアプリだと感じました!

以下ではAWAの詳細やおすすめする理由を説明します。

スポンサーリンク

AWA(アワ)とは

【AWAテレビCM】 「誕生篇」30秒

 

2015年にサイバーエージェントとエイベックスによって共同で作られた音楽ストリーミングサービス、AWA(アワ)。

累計ダウンロード数が1600万を超え、今や国内最大規模の音楽ストリーミングサービスです。

2017年には、アプリの中で頂点となる「2017年 ベストアプリ」を受賞しています。

公式サイト無料トライアルはこちらから→AWA

※音楽ストリーミングサービスとは

音楽ストリーミングサービスとは、料金定額で音楽が聴き放題なサービスのこと。

スマホやPCで

  • 膨大な量の曲を定額で聴けちゃう(コスパ良し)
  • あなたの好みの曲を探しあててくれる
  • 最新曲をすぐに聴けちゃう

など、音楽が好きな人にはたまらないサービスです。

 

その他メリットやデメリットは以下を参考に!

→音楽ストリーミングサービスとは!? おすすめのサービス10種など

 

 

以下からは、AWAをおすすめする3つの理由を説明します。

 

 

❶5000万曲という業界トップの楽曲数

 

AWAの魅力の1つは圧倒的な楽曲数。

2018年8月の時点で、なんと5000万曲以上の楽曲を取り扱っています。

これは数ある音楽ストリーミングサービスの中でもトップクラスです。

 

以下が他の主要サービスとの楽曲数と有料プランの基本月額料金の比較表です。

サービス名楽曲数基本の月額料金最大音質
AWA5000万曲以上月額960円320kbps
Apple Music4500万曲以上月額980円256kbps
Spotify4000万曲以上月額980円320kbps
Amazon Music Unlimited4000万曲以上月額980円256kbps
Prime Music100万曲以上月額400円256kbps
LINE MUSIC4000万曲以上月額960円320kbps
Google Play Music4000万曲以上月額980円320kbps
Deezer HiFi3600万曲以上月額1960円CD並み
レコチョク Best600万曲以上月額980円320kbps
KKBOX3500万曲以上月額980円320kbps

 

見ての通り、楽曲数だけでなく月額料金最大音質などの基本的なスペックでも他社と比べて優れていることがわかります。

 

 

❷日本の音楽トレンド最先端のサービス

 

AWAは日本の音楽トレンドの最先端を走るサービスです。

他のサービスに比べ、邦楽の最新情報をいち早く発信しているように感じます。

これはあのエイベックスとAmebaで有名なサイバーエージェントが親会社であるためですね。

よって邦楽が好きな方には、AWAがおススメです。(特にエイベックス系などのJ-Popは充実!)

 

日本のサービスならではの取り組み

AWAは日本ならではのサービスということで様々な企画を行っています。

 

  • ワンピースの作者、尾田栄一郎氏の作成したプレイリストが話題になったり、、

 

  • 邦楽の独占配信がよくあったり、、

 

  • マクドナルドとコラボしちゃったり、、

 

  • 日本のアニソンのアカウントが作られたり、、

 

  • 日本の有名人が作ったプレイリストも公開されちゃってたり、、

 

こんなに日本の流行に合わせた企画を行っているのは、数あるストリーミングサービスのなかでもAWAだけでしょう。

 

 

今流行りのヒップホップ好きにはたまらないサービス

 

ヒップホップが今かなりアツい状況となってる日本の音楽シーンですが、他サービスに比べてAWAは特に日本のヒップホップの楽曲に力を入れています。

これはAWAを運営しているサーバーエージェントの藤田社長がヒップホップが好きという理由からです。

たまに自身のブログでも紹介するのですが、私は音楽の「ヒップホップ」が好きで、特に「日本語ラップ」と呼ばれる国産のヒップホップ文化の支援活動を10年、続けています。

引用:ヒップホップ文化からもらった反骨心 (藤田晋氏の経営者ブログ)

 

ということで、AWAのCMにも多くのヒップホップアーティストが出演しています。

  • R-指定

【R-指定 Ver.】フリースタイルダンジョン、Dungeon Monstersによる「MONSTER VISION」AWA独占配信

 

  • CHICO CARLITO

【CHICO CARLITO Ver.】フリースタイルダンジョン、MONSTER VISION/Dungeon Monsters

 

  • T-Pablow

【T-Pablow Ver.】フリースタイルダンジョン、Dungeon Monstersによる楽曲「MONSTER VISION」AWAで配信中

 

などなど、、

 

またAWAでしか聴けないヒップホップの楽曲もあったり!

 

さすが日本の音楽トレンドの先を走るAWAですね。

 

 

❸充実した機能の数々

洗練されたデザイン

AWAのアプリのデザインは非常にかっこいい!

持ってるだけで他の人に自慢したいくらいです。笑

 

「BROWSING」画面

「BROWSING」画面では新曲や流行りの曲や表示してくれるため、最新のトレンドが分かります。

 

「DISCOVERY」画面

「DISCOVERY」画面では、過去検索して再生した音楽の履歴やお気に入り情報からおすすめのプレイリストを紹介してくれます。

 

「GENRE」画面

「GENRE」画面では、ジャンル別にプレイリストを検索することが出来ます。

 

「MOOD」画面

「MOOD」画面では、ムード別にプレイリストを検索することができます。

 

「RADIO」画面

「RADIO」画面では、トラック、アーティスト、ジャンル、年代等でチャンネルを選ぶことにより、関連する曲を「ノンストップ」で再生してくれます。

 

自動音楽認識機能

周囲で流れている楽曲を特定することができる「自動音楽認識」機能。

 

歌詞表示機能

表示がカッコいい「歌詞表示」機能。

 

「再生設定」機能

再生方法を選べる「再生設定」機能。(クロスフェード再生やハイライト再生)

 

「イコライザ」機能

「イコライザ」機能は再生している曲の雰囲気を自分好みに加工できる機能です。

音域ごとのボリュームの調整ができ、低音・高音を強調したり、ボーカルの声を大きくするなど、再生中の曲の雰囲気を変えることが可能。

 

このようにAWAは、機能面においても他のサービスと比べ勝るとも劣らないほど充実しています。

 

 

AWAとその他サービスの特徴の比較

 

ということで改めてAWAをおすすめする理由を書くと、

  1. 楽曲数が5000万曲であり業界トップ
  2. 日本の音楽トレンドの最先端(特にJ-Popやヒップホップ)
  3. 機能面での充実性

ということ。

特に他のサービスと比べ、日本の音楽トレンドの最先端であるのはAWAの最も大きな強みです。

 

以下は各種サービスの主な特徴の比較の表です。

サービス名特徴楽曲数月額料金
AWA邦楽トレンドの最先端5000万曲以上月額960円
Apple Musicレコメンド(おすすめ)機能が充実4500万曲以上月額980円
Spotify洋楽やロックが好きな人にはたまらない4000万曲以上月額980円
Amazon Music UnlimitedAmazonプライム会員は割引でお得4000万曲以上月額980円
Prime MusicAmazonプライム会員なら自動的に使えるサービス100万曲以上月額400円
LINE MUSICLINEとの連携可能
学生向けサービス
4000万曲以上月額960円
Google Play Musicシンプルで高機能4000万曲以上月額980円
Deezer HiFi専門家なみに音質にこだわる人向け3600万曲以上月額1960円
レコチョク Best他では聴けない邦楽アーティストがいる可能性アリ600万曲以上月額980円
KKBOX韓流などアジアのミュージックシーンに強い3500万曲以上月額980円

 

AWA以外に邦楽向けだと感じたのは、LINE MUSICとレコチョク Bestです。

 

LINE MUSICの大きな特徴は、学割があったり、ピックアップされるのが学生の間で話題になっているアーティストであることなど学生向けのサービスであることです。

ただしAWAは先行配信の特典などがあるので、邦楽最新トレンドという面ではAWAに軍配が上がります。

 

また、レコチョク Bestは老舗というだけあってAWAにはない楽曲がある可能性があります。

しかし、そもそも楽曲数がAWA>>レコチョク Bestなので、「好きなアーティストの楽曲がレコチョク Bestでしか取り扱っていない」という場合でなければ、基本的にAWAを選ぶべきでしょう。

 

ということで邦楽の最新トレンドや最新情報に興味を持っている方には、ぜひまずAWAを使ってみてください。

 

 

AWAに関するQ&A

Q. 無料のプランと有料プランの違いは?

 

A. AWAには有料のStandardプランと無料のFreeプランがあります。

違いは以下の通り。

違いはFreeプランが

  1. フルで再生できないこと(30~90秒のハイライト再生)
  2. オフライン再生(ダウンロード)できないこと
  3. 月に20時間までの制限がある

この3つです。

 

BGM程度にしか聴かない場合は、無料プランでも充分でしょう。

 

しかし無料プランは1曲まるまる聴けないのでストレスは溜まると思います。

また無料プランはダウンロードもできないので、有料プランより通信料もかかってしまう恐れがあります。

 

そういう意味では、音楽を1日1時間以上聴くような音楽好きのリスナーは有料プランの方が安心して使えます。

(というか無料プランだと月20時間しか聴けないので、平均して1日最大40分くらいしか使えないです)

 

とりあえず有料プランのお試し期間を使ってみて、どれくらい利用するのか見てみてるのが一番の判断です。

気にいってけっこう利用しちゃうなって方はそのまま有料プランを、あんまり使わないわって方はすぐに解約して無料プランを利用しましょう。

 

 

Q. 聴けないアーティストはいますか

 

A. います。

 

たとえばB’z、ミスチルポルノグラフィティ、サザンオールスターズ、aiko、ジャニーズ系などは2017年12月現在、私が使ったサービス上では取り扱ってませんでした。

(追記:ミスチルは2018年5月から様々な音楽ストリーミングサービスから配信されています。)

(追記2:ポルノグラフィティは2018年9月から様々な音楽ストリーミングサービスから配信されています。)

 

ただこれはどのストリーミングサービスも同じようなもので、AWAに限ったことではありません。

 

まずは先に一度無料でお試し利用してみて、自分がどうしても聴きたいアーティストの楽曲は取り扱われているのか調べてもいいかもしれません。

 

また年々取り扱うアーティストも増えてきてるので、今聴けなくても将来聴けるようになる可能性も高いです。

 

 

Q. 楽曲はダウンロードできますか?

 

A. 有料プランのみ楽曲のダウンロードが可能です。

 

アプリ内に楽曲をダウンロードして、オフラインで再生することができます。

こうすることによって、通信料をおさえることができます。

 

方法は簡単で、

表示画面の「・・・」をタップ

 

「ダウンロード」をタップ

これだけです。

 

 

再生は「Library」「DOWNLOADED MUSIC」より可能です。

 

 

Q. 利用開始するためにはどうしたいいですか

 

A. 様々な開始方法がありますが、例えば私がおすすめしてる無料お試し期間を利用する場合は、AWAから公式ページにとんでもらって、

  1. メールアドレスと任意のパスワードを入力
  2. 支払い方法のクレジットカード番号情報を入力
  3. Standardプランに登録する

で利用開始することができます。

 

もちろんプランはログイン後いつでも変更・キャンセルできます。

また、画面一番下の「あとで登録する」をクリックすれば、とりあえずFreeプランで始めることもできます。

 

 

Q. 有料プランの解約は難しいですか?

 

A.例えば、上記のように登録した場合は、

  1. AWA公式ホームページ右上のLOG INより登録済みアカウントでログイン
  2. プランステータスから「詳細をみる」をクリック
  3. 「定期購入をキャンセル」をクリック
  4. 注意事項を確認の上、手順に従って解約してください

引用:AWA公式ホームページ

 

たったの4ステップですね。

 

詳しくはAWAの公式サイト説明が書いています。

以下のページをぜひ参考にしてみてください。

→AWA公式サイト:有料プランの解約方法

 

 

AWAの評判

 

TwitterからAWAの評判を見てみましょう。

 

比較的いい口コミが多かったように感じましたが、評判どうなの?っていうコメントも多数見られました。

まだまだレビューの情報が少ないみたいですね。。

 

もし使ってみて何か感想がありましたらぜひ情報を共有してください。

 

 

まずは無料お試しを利用してみて!

 

改めてAWAは、

  1. 楽曲数が5000万曲であり業界トップ
  2. 日本の音楽トレンドの最先端(特にJ-Popやヒップホップ)
  3. 機能面での充実性

というアプリです。

 

特に最大の特徴は

AWAは日本の音楽トレンドの最先端を走るアプリ

ということ。

邦楽のトレンドや最新情報に興味を持つ方はぜひAWAを利用してみてください。

 

もしあなたが初めてAWAを利用するなら、有料プランの全機能を利用できる無料お試し期間をまずは利用してみることをおすすめします。

 

無料お試し期間は1ヶ月です。

無料トライアル期間は変わることが多いので、ぜひ短くなる前に一度Standardプランの素晴らしさを味わってください。

 

追記:なんと2018年10月1日までは有料のStandardプランも3か月無料!

ぜひお早めに利用してください!

公式サイト無料トライアルはこちらから→AWA


こちらも合わせてどうぞ

  1. 自分の「強み」知りたくありません?→【グッドポイント診断】無料の性格診断! 8568通りからあなたの「長所」を発見します
  2. ダンスの曲は音楽ストリーミングサービスで探すのがベスト!→ダンサーおすすめのストリーミングサービスTOP3
  3. Amazonを利用する方へ。月325円でこれはヤバイ→知らないと損! Amazonプライムの超お得な15の特典
  4. 【新サービス】ダンス番組が見放題!→Amazonで「ダンスチャンネル オンデマンド」が開始
  5. ストリートダンスを独学で学びたいなら必読!→ストリートダンスのDVDや本! 定番からマイナーなものまで
  6. あなたもこれを着ればダンサーです→ストリートダンスブランド「my Dance」でめちゃくちゃイケてる服を販売中!

スポンサーリンク

awaのレビュー

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ストリートダンスブランド「my Dance」

ストリートダンスブランド「my Dance」ではダンスのレッスンや練習用の衣類を販売しております。

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!仙台でハウスダンスしてるGAKUTOです。(本名です笑) このブログ「my Dance」は、大人からストリートダンスを始める人にダンスの情報をシェアできたらな!っていう想いで運営しています。 あとは日々感じたことや私が住んでいる仙台のこと、生活に役立つ情報などもつづっています。 レッスンなどのご依頼があればご連絡ください! どうぞよろしくお願いいたします。