【意見】ハウスダンスを広めるための5つの方法

【意見】"ハウスダンス"を広めたい! 流行をつくるためには

 

※あくまでこの記事の内容は個人的ないち意見です。

 

こんにちは。ハウスダンスが大好きなGAKUTOです。

この記事では、最近私が調べて思った、ハウスダンスを広めるための5つの方法について書いてみます。

 

“ハウスダンス”を広めたい理由

 

その前にハウスダンスを広めたい理由ですが、それは

ハウスダンスが好きで、素晴らしいものだ

と思っているからです。

 

良いものだと知ってるからみんなに知ってもらって、みんなもハウスダンスに触れて楽しんでほしいなって思ってます。

 

現在のハウスダンスの認知(個人的な見方です)

 

知る人ぞ知るって感じな気がします。

 

東京は世界から見たらハウスダンサーの人数は最も多い場所かもしれませんし、
ストリートダンサーもちろん、クラブ関係やハウスのプログラムがあるスポーツジムに通ってる人は知ってるかもしれません。

 

ただ、少なくとも私の周りでダンスにかかわってない人は、ハウスダンスがどういうものか分からない人が多いし、ハウスダンスという言葉自体聞いたことがない人がほとんどです。

 

※ハウスダンスをあまりご存知ない方は

HOUSE DANCE (ハウスダンス) とは! 【徹底解説】

をぜひ参考にしてみて下さい!!

 

いろいろ調べてみたところ、ハウスダンスを広めるためには「ハウスダンスをプロデュース」と「私たちの行動」という2つの視点から少し考えるということが分かりました。

 

スポンサーリンク

ハウスダンスをプロデュースする視点から考える

 

この記事を参考にしてみました。
《世界一の朝食》を仕掛けた男・中村貞裕に学ぶ、“流行”の作り方。[後編]

中村貞裕さんは、“世界一の朝食”で話題のカジュアルダイニング《bills》など、話題のスポットを生み出し続ける『TRANSIT GENERAL OFFICE』の代表で、プロデュースという黒子の役割を担っているため表舞台に出ることは少ないものの、業界内ではその実績と手腕は広く知れ渡っているそうですね。

 

①分かりやすいコンセプトにする

この記事で流行を作るために初めに言ってたのが「分かりやすいコンセプトにする」というものです。

キャッチフレーズやイメージを作ることだと思います。

実はこれがハウスダンスに関してはいきなりの難関です。

 

ヒップホップとかは、やっぱりあのストリート感みたいなのをパッとイメージできますが、ハウスダンスはなかなか「これ」っていうものを思い浮かべるのは難しい気がします。

原因はハウスダンスは人それぞれによってイメージがかなり違う気がするからだと思います。

ハウスダンスは”自由度が高い”ような感じやスピリチュアルな部分があって、人によって踊り方が変わったりするダンスなんですよね。

そのため人それぞれハウスダンス解釈が違ってきてしまうんです。

 

ただ、逆に”自由度が高く、人それぞれ踊り方が違う”という部分を特徴として強調していくものもアリかもしれませんね。

 

※ちなみに「ダンスをそういう風に定義づけるのはなんか違う」っていう意見も出てくるとは思うんですが、定義づけるんじゃなくてこういうダンスだよっていうイメージやイメージしやすい言葉を考えたいっていうことです。

 

最近、ちょっと危なっかしいと思ったのが、あるサイトでハウスダンスのことを「速すぎるステップ」って紹介してて、それはなんか違うんじゃないかなって思いました。

あまりらしくないイメージが先行しないように早めにしっかり考えて言ってもいいのかもしれませんね。

 

ハウスダンスの会議をして、オリジネーターの方々にしっかりお伺いしたりしたうえで、そういうの皆で考えられたらなーとか思いました。(笑)

 

②「コンテンツ」をたくさん作る、「キャスティング」をする

次に言っていたのがコンテンツをつくるということです。

コンテンツになり得る名詞をとにかくたくさん並べていって、
例えば、インテリアデザイン、ロゴ、メニュー、スタッフ、イベント、BGM、制服、アートなどを作っていく
それに伴って“キャスティング”,つまり携わる人を振り分けます。

 

これはめちゃくちゃやりたい!

ハウスダンスの”もの”をいろいろ作りたいです。

ロゴとか服とか、いろいろハウスダンス関係のものですね。

考えるだけでも楽しいなー!!

 

またキャスティングさせていただくことによって、いろんな人とかかわってより大きなものになっていくと思うし!!

バンバンやっていきたいです。

 

※ハウスダンスをプロデュースする上で最も大切な要素

これは記事の参考じゃなくて、私の考えというか、当たり前のことなんだけど、ハウスダンスが流行るために最も大切コンテンツはもちろん“ハウスミュージック”だと思います。

そもそも”ハウスダンス”と”ハウスミュージック”両方をプロデュースしていく必要があるのかもしれないですね。

 

 

私たちの行動の視点から

 

上記のことは”ハウスダンスをどうプロデュースしていくか”という視点だったけど、そういう大きな視点からじゃなくて今すぐ私たちが出来ることも探ってみたいと思いました。

 

この記事を参考にしてみました。
みうらじゅんの『ない仕事の作り方』に学ぶブームを起こす方法

 

この記事では、「マイブーム」「ゆるキャラ」といった言葉を作り出したみうらじゅんさんの著書『ない仕事の作り方』からブームを起こす方法を探っていました。

みうらじゅんさんが「ない仕事」を作るためには次の3つのことを続けているそうです。

③集め続ける

面白いと思ったモノやコトを圧倒的な「数」「量」になるまで集め続けるということ。

 

④好きでい続ける

自分が飽きないように、例えば集め続けているものが購入出来るものであれば「好きだから買うのではなく、買って圧倒的な量が集まってきたらから好きになる」という戦略で、自分が対象を好きでい続けられるよう仕向けるとういこと。

 

⑤言い続ける

自分が面白いと思っていることを発信し続けること。

これによって世の中が錯覚を起こし、徐々に浸透していくことでマイブームが大ブームに変わるかもしれません

 

これらを私の場合に当てはめれば、

「ハウスダンスのスキルを磨いたり、いろんなイベント行ったり、情報を集め続けたりして、それをもっとハウスダンスが好きになるためにやり続けて、それをどんどん発信していく」

ということでしょうか。

 

特にこれからは「個人がメディア化する時代」を利用する

・ネタを考える。

・名前をつける。

・デザインや見せ方を考える。

・メディアを通じて発表する。

 

これらを全て1人でやることをみうらさんは「一人電通」と呼んでいて、
今やYouTubeやFacebookをはじめとするSNS誰にでもできるやり方になりつつあります

 

これは上の「③言い続ける」の方法の一つです。

うまくPRすればあっという間に拡散出来るんじゃないでしょうか。

 

今は「個人がメディア化する時代」です。
これを利用すれば従来よりも簡単に「ない仕事」を作ることができるのです。

 

私の場合で言えばこのブログでしょうか。

 

 

まとめ

 

ハウスダンスを広めるためには、

 

「ハウスダンスをプロデュースする視点から」考えると、

①分かりやすいコンセプトにする

②”コンテンツ”をたくさん作る、”キャスティング”をする

「私たちの行動の視点から」考えると、

③集め続けて

④好きでい続けて

⑤言い続ける(SNSで発信し続ける)

 

が有効であると考えられるということです。

 

 

感想

 

とにかく”ハウスダンス”を広めたいー!

賛同していただける方は今回紹介した考え方、方法を参考にしてみてください!

個人的なことを言うと、自分は今できる行動はしつつも絶対的に量が足りてないし、プロデュースという大きな視点では考えがまだまだ足りてないしって感じです。

 

ただ今回この記事を書いてみてやりたいことがまたいろいろ出てきました。

もっともっとやったります。

これからこれから!

スポンサーリンク

【意見】"ハウスダンス"を広めたい! 流行をつくるためには

シェアしていただけるととてもうれしいです!

8 件のコメント

  • 10年くらい昔、静岡のクラブで初めてハウスダンスを見ました。 その頃、仙台には四つ打ち系のイベントは多くありましたが、普通のハウスのイベントでハウスダンスを踊っている客を見た事が無く、カルチャーショックでした。 ブログを読んでて、その時の気持ちが蘇りました。
    仙台には良いDJが大勢いると思います。 頑張って、シーンを盛り上げって下さい。応援しています!!

    • つるさん、コメントしていただきありがとうございます!
      そして応援していただき本当にありがとうございます!!!

      つるさんのおっしゃられる通り仙台にはハウスミュージックの良いDJが大勢いるのですが、今でも普通のハウスのイベントでハウスダンスを踊っているお客さんはほとんどいない状態です。
      私自身はダンスから入ったので、ダンスイベントのDJタイムは踊るのが当たり前でしたし、ちょっと前まではハウスダンスを習いにちょくちょく東京に行っていて、レッスン後はクラブで皆と踊りあかすということも多々ありました。
      ここ1~2年でよく仙台のハウスミュージックなどのクラブイベントに遊び行くようになったのですが、踊ってる人がいなくて、私も最初はカルチャーショックでした。
      もちろんそれが悪いわけではなくて踊らないのも全然アリなのですが、ハウスダンスの楽しさ、かっこよさを味わってきたので、多くの人と共有したいなって気持ちになりました。
      いろいろ活動している上でDJの方々も、よく遊びに来るお客さんからもとてもよくしていただけるのでとても助かってますし、楽しいです!!
      ただ全然まだまだ広がってはいない状態なので、どんどん積極的にやっていこうと思います。

      静岡ではクラブイベント踊られている方は多いのでしょうか!?
      今度行ってみたいです!!!

      本当に応援していただきありがとうございました!

  • 私は2000年の春、転勤で仙台に赴任し、興味本位で生まれて初めてクラブ(初代スコール)に行き、そこでハウスミュージックに出会いました。 すぐにハウスの虜になり、年間100イベント以上クラブに行く様になりました。 (ゲトー、シャフト、イズント、その後、ネオブラ、ドローム、随分経ってADD… )
    本当に楽しく、私の人生は仙台のクラブで大きく変わりました。
    良きか悪しきか、何処へ行ってもハウスダンサーなんて居なくて、みんなブースに対面して、左右へ一歩ずつ揺れて踊っているだけです。 「これなら出来る! 」完全な素人の私が、単身すぐにフロアーに出れました。 もしあの時、フロアーに上手いダンサーしかいなかったら、私はクラブには行けなかったかもしれません…
    その後、HIPHOPやR&Bのイベントで上手いダンサー達に出会い、クラブでも本当の意味でダンスをする人がいる事を知りました。 上手いダンサーに憧れた事もありましたが、怠け者の私は練習なんて出来ないんで、結局、今でも左右に揺れてるだけなんですが…
    その後また転勤で、先述の静岡県の沼津市にいき、そこで集客30人くらいの小さなイベントでしたが、ハウスダンサーに出会い、ハウスダンスの存在を知りました。(2004年頃ですが、沼津市でハウスのイベントは多くはありませんでした。静岡市内の方は分かりません)
    単衣にクラブと言っても、音楽、ダンス、DJ、雰囲気、出会い、色々な入口があると思います。 私には難しいダンスの事は分かりませんが、ただただ、仙台のクラブシーンが盛り上がってもらう事を心より願うばかりです。

    • つるさん、いろいろ教えていただきありがとうございます!
      以前の仙台のクラブのことはよく分かっていないので、つるさんのお話はとても興味がありますし、参考になります!!

      年間100イベント以上ってすごいですね!!
      つるさんがハウスを本当に好きだったことが伝わってきました!

      おこがましいかもしれませんが、ハウスミュージックって本当にいいですよね。
      もちろん合うものと合わないものもあると思いますが、そういう部分が逆に面白かったり、気軽に聞けるものもあれば、身体を揺らさざるおえないやつもあったり、中には感動してしまうようなハウスミュージックもあったり、、
      いろんなフィーリングを感じられたり、伝わってきたり、またクラブの中で聴くことによっていろんな感覚が存在している雰囲気が私は特に好きだったりします。(うまく言葉で表現できなくてすみません、、)

      私はダンスが好きなので、どうしてもダンスの目線からになりがちなのですが、クラブのシーンにおいてはある意味ダンスは皆で楽しむためのコンテンツとしてうまく機能(?)することによって、音楽好きもクラブが好きな人もダンスが好きな人もそのほかの人もいろんな人がでクラブで楽しめればなって思います。

      (ダンサーの方に誤解がないようにことわらせていただきますが、これはダンスの価値が低いということを表しているわけではありません。あくまで「クラブのシーン」からの見たときのダンスの「立ち位置」(?)であって、「ダンスのシーン」から見たときには「ダンスがすごくいい」と思ってもらう為にもクオリティーを求めていってダンスの価値がより高いものだと認識される必要があると私は思います。)

      なので、私は私の立場からするとハウスの良さやハウスダンスの良さを広めることによって、入口に辿りつける人を多くして仙台のクラブシーンが盛り上がることに貢献できればなと思います。

      ハウスミュージック、ハウスダンス、クラブの楽しさがより多くの人に伝わることを切に願いますし、行動していきます!!

      余談ですが、私の中では静岡県は有名なハウスダンサー達の出身の土地みたいなイメージがあったので(市内に限らず)、本当に行ってみたいです!

  • 夜、FORUS向かえのHMV(古っ‼︎)の視聴機でダンスミュージックを視聴してて、もう我慢出来なくなって、クラブに飛び込み、まだ他の客が来る前の無人のフロアのセンターで踊りまくる! 雑音も無く、大音量の音楽を独り占め。 曲に合わせて一人ガンガン踊る私の姿を見て、DJも乗ってくる。そして更に踊る。 友達とワイワイ踊るのとはまた一味違う、至福のひと時です。

    たとえばクラブの無い土地で生活している。 たとえば勤務時間上、夜遊びが出来ない。 そんな時、何処で踊れば良いのでしょう…
    日本では、クラブ以外ではなかなか踊れる場面が無いのが実情の様な気がします。 日曜日の昼間に勾当台公園でダンス音楽のライブをやってても、なかなか人目も気になり踊り辛いのが現実かと…

    Gakutoさんは、大会、イベント、スタジオなど、色々な場面で踊られたかと思いますが、どんな場面で踊るのが一番好きですか?

    • つるさん、またまたコメントありがとうございます!
      HMVなつかしいです!!
      私もダンス始めてから毎週通ってました。
      最新の音楽が視聴出来たし、時々ライブもあったし、ダンスのフリーペーパーもあるしでとても良い場所でした!

      つるさんの感覚分かります!
      なんというか、DJと方と音楽と分かりあってるような感覚、、
      あの贅沢な感じ良いですよね!!

      踊りたいときにクラブがなかったり、夜に活動出来ないというのはとキツイですね、、

      そういったときはそういう場を自らつくるしかないんですかね、、
      場所、時間、お金、人、機材、などから逆算して企画する的な、、
      (雰囲気を演出するのが難しいかもしれませんが、)

      あとは夢物語かもしれませんが、海外みたいにどうにかして日常的に踊るということを文化的に少しずつ成り立たせていくしかないのかもしれません、、
      難しいかもしれませんが、ただ私の夢の一つは、生きている間にそういう文化を少しでも成り立たせるということなんです、、

      「どんな場面で踊るのが一番好きか?」というご質問ですが、、
      私は「場面」というよりは、「音楽で楽しんでる感覚」というか、表現が難しいんですけど、音楽が良く聴こえてて「音楽に入ってる感覚」の時が気持ち良いです!
      ダンサーならではなのかもしれないのですが、、

      クラブで音楽で揺れてるときや踊りあってる時、外で一人で踊るとき、ステージで踊るとき、どんな場面でも上の感覚がある時は基本的に好きです。

      逆にこの感覚に入れないときは気持ち良くないです、、

      そういう意味ではクラブはその感覚に入りやすいのでやっぱり好きです。

  • 「 音楽に入ってる感覚 」分かる気がします。

    お祭りの和太鼓を聴いてワクワクした時や、ハードロックを聴いて首や足先で無意識にリズムをとってた時みたいに、 音楽を聴いてビートに合わせてステップを踏むのではなく、音楽を聴いて自然と心と身体が動き出す。 音楽に相応したダンスがあるのでは無く、私にとってダンスとは音楽そのものです。(まぁ私のはダンスと言えるレベルじゃ無いんですが…)

    あと、「 夢物語 」に一票‼︎
    欧米だと、熟年夫婦がディナーの後にクラブに行ったり、ちょっとしたBARにもダンススペースがあったり、ストリートでラジカセかけて(ガラスの前で練習ではなく)フリーに踊ったりとか。日常の中にダンスが存在している。
    日本では授業でダンスが始まった様ですが、そんな風に踊れる日が来る事を期待したいです。

    • つるさん、返信遅くなってしまって申し訳ありません!

      そうです、そうです!
      音楽を聴いて自然と心と身体が動き出す!!
      まさにダンスって感じですよね!!

      一票ありがとうございます!笑
      私も元々欧米などのように日常の中にダンスがあることに憧れをいだいていて、、
      ナチュラルにみんな楽しい思うし、やっぱり素敵だなって思います!

      エンターテイメントのダンスもいいけど、ソーシャルなダンスとか、自然と音楽に乗ったり、フリーで踊ったりとか、そういうダンスが好きです。
      (元々ハウスダンスってそういうダンスだと思いますし!)

      ちなみに私が今ハッスルをちょっとやってるのもそういう想いがあったからなんですが、けっこう入りやすいダンスだと思いますのでつるさんもぜひ機会があったらやってみて下さい!

      「そんな風に踊れる日」実現させたいですね。
      この想いをどんどん広げていきたいです!!

  • ABOUTこの記事をかいた人

    どうも!仙台でハウスダンスしてるGAKUTOです。(本名です笑)基本ハウスダンスのこととかハウスミュージックのこととかイベントのこととか書いていきます。 レッスンなどのご依頼があればご連絡ください! どうぞよろしくお願いいたします。