定額制音楽配信サービスのメリット・デメリット・使ってみた感想など

 

最近、定額制音楽配信サービス(音楽ストリーミングサービス)を利用する人が増えてきました!

今まで通信料が怖くて使ったことがなかったのですが、私もブームにのってみました!笑

 

実際使ってみてとても良いサービスだと感じましたよ!

この記事では、私が感じた定額制音楽配信サービスのメリット・デメリット・感想などをお伝えします。

スポンサーリンク

定額制音楽配信サービスとは

 

「定額制音楽配信サービス」をよく知らないよって方も少なくないと思います。

 

簡単に説明させていただくと、定額制音楽配信サービスとは、料金定額で音楽が聴き放題なサービスです。

ストリーミング、つまりオンラインでデータを読み込みながら再生することを基本としていて、ネットに接続されたスマホやタブレット、PCなどで専用のサイトまたはアプリにアクセスをすることで音楽を聴くことができます。

 

また今はストリーミングだけでなく、ダウンロードしてオフラインで楽しめるようなサービスも増えてきてますよ!

 

 

定額制音楽配信サービスの内容が充実したきたこともあり、ユーザー数は右肩上がりとのこと。

時代は定額制音楽配信サービスですね!

 

有名なサービスだとSpotifyやAWAなどです。

 

 

定額制音楽配信サービスのメリット

 

さて定額制音楽配信サービスのメリットですが、ざっとあげると

  • 膨大な量の楽曲が聴ける(4000万曲以上取り扱ってるサービスも)
  • リコメンド機能があり、今まで知らなかった良い曲と出会える(これマジで良い!)
  • 最新曲がバンバン聴ける
  • たまに聴きたくなる曲やちょっと聞いてみたいなって曲も、定額制だからお金の心配なく聴けちゃう
  • いろんな曲を聴く習慣を持つから今まで以上に音楽に詳しくなる可能性アリ!
  • 基本ダウンロードじゃないのでスマホの容量をくわない
  • スマホに曲をいれる手間がかからない

など感じました!

 

あと私みたいなダンサー目線で言うと、ダンスに使う曲って試聴しただけで買うと失敗することもあるじゃないですか。

その点、定額制なら失敗を怖れることなく気兼ねなく聴けるのは嬉しいです。

 

コストパフォーマンスでいうと、月額1000円以下(1日に換算すると30円弱くらいかな)のサービスがほとんどなので、CDやネットで音楽を買ってきた人にとってはお得になる人も多いはず。

つまり音楽好きでいろいろな楽曲聴きたい人にはコスパめっちゃいいと思います!

 

 

あと利用してみて感じたのは、自分の好きなジャンルの最新曲やその時の気分に合った曲を聞けちゃうってのはけっこうサイコーです。笑

朝起きたときや移動時、散歩中とか、寝る前とか、、いつも楽しみなんですよ!

今までの楽しみ方とはまた違う音楽の楽しみ方が1つ増えたなって感じです。

 

 

定額制音楽配信サービスのデメリット

 

私が感じた定額制音楽配信サービスのデメリットをあげると

  • 通信量が心配
  • 取り扱ってない邦楽アーティストの楽曲がけっこうある
  • 退会するとダウンロードした曲は聴けない(あたりまえだけど)
  • CDに焼けない

ですね。

 

通信量

特に心配なのは通信量です。

データを読み込みながら再生するストリーミングが基本のため、聴くたびにデータ通信量がかかってしまうんです。

 

解決方法としては、一番安心なのはWi-Fiを利用することです。

 

また、今ではダウンロードしてオフラインで再生できる機能があるサービスも多いです。

なので何度も聴くような楽曲はWi-Fiがある環境下でダウンロードしておいて、オフラインで聴けるようにしておくことをおすすめします。

(ただしスマホの容量が少ない方はダウンロードのしすぎに注意ですね。)

 

サービスによっては、音質の設定を低く変更することによって通信量を抑えられることができます。

 

 

邦楽はラインナップがいまいち

契約上の問題なのか、取り扱ってない邦楽アーティストの楽曲がけっこうあります。

たとえばB’z、ミスチル、ポルノグラフィティ、サザンオールスターズ、aiko、ジャニーズ系などは2017年12月現在、私が使ったサービス上では取り扱ってませんでした。

 

先に無料お試し期間を利用して、自分が聴きたいアーティストの楽曲は取り扱われているのか調べてもいいですね。

 

 

退会するとダウンロードした曲は聴けない

注意なのは、オフラインで再生するためにサービスの中でダウンロードしても、そのサービスを退会するとダウンロードした曲は聴けなくなります。

定額制なんだからそりゃ、そうだよね。笑

 

 

CDに焼けない

またサービス中の曲をCDに焼くことは出来ません。

ただスマホの持ち運びで聴けるわけですから、基本CDに焼く必要性がそもそもないんですけどね。

 

ただ私みたいなダンスしてる人は、何かとCDに焼きたい方もも多いと思うんです。

だから私の使い方としては、基本音楽を聴くときは定額制音楽配信サービスを利用して、ぜったいこれ持っておきたいわって楽曲だけiTunesなどで購入していくつもりです。

 

 

おすすめな人・おすすめしない人

 

上記のメリット・デメリットから

  • 音楽が好き
  • 日ごろから音楽聴くことが多い
  • 洋楽にも興味あり
  • 良い曲に出会いたい
  • Wi-Fi環境が身近にある

 

こういう方にはかなりおすすめなサービスです。

 

反対に

  • あまり音楽に興味がない
  • Wi-Fi環境が身近にない
  • 特定のアーティストにしか興味がなく、そのアーティストがサービスで取り扱われていない
  • 邦楽命(※邦楽向けのサービスもあります)
  • 曲を絶対に保持しておきたい

 

こういう方にはおすすめできないサービスかもしれません。

 

 

ただ定額制音楽配信サービスって、メリット・デメリット以前にこれからの音楽の関わり方との新しい形なのかなって思うんですよ。

 

 

定額制音楽配信サービスはこれからの音楽の新しい形

 

ちょっと前までは、情報はテレビがほとんどでしたよね。

だから音楽とのかかわり方も

「テレビで情報を得る→CDを買う→聴く」

こういう形が一般的でした。

 

でも今は、テレビよりインターネットで情報を得る時代に変わりました。

音楽もCDを買う人ってどんどん減ってきてるって聞きますよね。

つまり、

「テレビで情報を得る→CDを買う→聴く」という形から

「インターネットで情報を得る→インターネットで音楽を聴く」

っていう時代に移行してきました。

 

そして今まではインターネット上で情報が散乱してたんですが、定額制音楽配信サービスによって音楽の情報をより容易にまとまった形で入手できるようになったんです。

だからこれからは

「定額制音楽配信サービスで情報を得る→聴く」

というのが一般的な音楽とのかかわり方になってくると予想されるんですよね。

 

将来的に音楽を日常的に聴く人のほとんどが、定額制音楽配信サービスに1つは加入してるという時代がきてもおかしくないかもしれません。

 

 

だからまだ使ったことがない方はどんどん積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

無料のものやお試し期間があるものも多いですよ!

 

定額制音楽配信サービス(ストリーミングサービス)おすすめベスト6では私が使ったサービス1つ1つの感想を書いてるのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアしていただけるととてもうれしいです!

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!仙台でハウスダンスしてるGAKUTOです。(本名です笑) このブログ「my Dance」は、大人からストリートダンスを始める人にダンスの情報をシェアできたらな!っていう想いで運営しています。 あとは日々感じたことや私が住んでいる仙台のこと、生活に役立つ情報などもつづっています。 レッスンなどのご依頼があればご連絡ください! どうぞよろしくお願いいたします。