ストリートダンスは独学でもできるのか!? メリット・デメリットなど

ストリートダンスは独学だと限界がある!? メリット・デメリットなど

 

「ダンスは独学でできますか?」

知恵袋とかでもよくこの手の質問を見かけますし、私自身よく質問されます。

 

この記事では私なりの考えを書きます!

スポンサーリンク

独学は限界がある。ただ独学からはじめてもいい!

 

いろいろな意見がありますが、私は独学には限界がある!と思います。

ただ独学で始めることを否定しているわけではありません。

※ここで独学とは、「先生に教えを受けない」、つまり「レッスンを受けないこと」とします。

 

ダンス未経験者の方から質問をされたら私は、

「いきなりスクールに通うくらいだったら、独学からはじめりゃいいんじゃない。」

って言います。

 

独学は限界があると思うけど、それなりに踊れるようになることは今の時代十分可能です。

良いDVDも出てるし、youtubeでもHow Toの動画がいっぱいありますし。

 

 

つまり、

独学(自力)が基本。

知りたい事があったり、満足できなかったり、ぜひ教えて欲しいって人が見つかったら、レッスンに行く。

この方式がおすすめです。

特にお金がない人は。笑

 

 

更におすすめなのは早めに仲間をつくってしまうこと。

仲間をつくれば情報をシェアすることができるし、楽しみ方も増えます!

イベントとか練習場所に行って気になった方にあいさつすることからはじめてみましょう。

 

運が良ければだけど気が合う人を見つけたり練習場所を教えてくれることもあると思います。

最初はちょっとの勇気と多少のコミュニケーション能力が必要です。

 

 

独学から始めるメリット

 

改めて独学から始めるメリットですが、まず一番はお金がかからないことかな、と。

ダンスレッスンってお金けっこうかかりますからね。

 

また自分で調べるからセンスも磨かれて視野も広がります。

ダンススクールだと1つの情報に絞られてしまうけど、独学だといろいろな情報を見なきゃいけなくなりますからね。

ダンスに対する自分の考え方を持ったりと、自分なりのセンスが磨かれるのも早い気がします。

 

そしてガッツがつくこと。

何も情報がない状態だから自分で調べる必然性が出てきます。

だから自力でやるというガッツが養われる。

これってダンススクールで受け身でレッスンを通ってる人とけっこう雲泥の差がある気がします。

 

 

独学の方法

 

私がおすすめする独学の教材としては、圧倒的にRISING Dance Schoolです。

理由は、Youtubeの映像だから無料だし、教えてる人たちも現役で活躍してる間違いない人たちだから。

 

また練習方法は独学の方やダンス初心者の方向けに別な記事を書いたのでこちらを参考にしてください。

参考:ストリートダンスの練習は何をしたらいい? 初心者がすべき7つのこと

 

 

あと補足ですが、他のサイトでよくかなり高価な(1本1万円くらいの)DVDをすすめてるけど、個人的にはあんまり買う必要はないかなって。

高価だし、「〜日間で上手くなれる!」って言ってるけど、あのDVDをやり通した人ってどのくらいいるんですかね。

ああいうDVDからダンスの世界で活躍するようになった人も私の周りで聞いてことないし。

あまりおすすめできません。

 

 

独学からはじめた人っては多い

 

実は独学からはじめた人って意外と多いんじゃないかなって。

 

流れとしては

・何かから影響を受ける。

・映像を繰り返し見て練習。友達と練習したり。

・映像だけじゃ物足りなくなり、誰か知り合いで上手な人に教わりに行く。

(ここら辺まで独学)

・それでも物足りなくなり、スクールに教えを受けにいく。

・教わったことを自分に生かすため、自宅やストリートで練習。イベントとかも出るようなる。

(あくまで自力)

 

こういう感じの流れを経た人が多いのかなと。

つまりいきなりスクールに行った人って実は、めちゃくちゃ多いわけではないのかなって。

 

特にダンス黎明期(80年代から90年代初期)から活躍してた人は、とにかく情報がなかったらビデオのテープが擦り切れるまで繰り返し見てたって話はよく聞く話し。

 

私自身もはじめは市販のDVDとか見たり、友達から教わることからはじめました。

 

 

いきなりスクールに行くことによる弊害

 

私はいきなりスクールに行くことをそんなにすすめてません。

「いきなり」というのは、何も情報がないままってこと。

 

地方だからなのかもしれないけど、私はいきなりスクールに通いはじめた人は、スクールに頼りきりになったり、スクールの中でしか踊らない人になったのを何回も見てきました。

つまり自力でダンスを学んだり、活動したりする人が増えないってことです。

 

スクールで楽しみたいだけならいいんだけど、スクールだけで踊ってるとそれ以外でのダンスの楽しみ方を見つけられないし、目的もわからなくなってやめてしまう人も多い気がします。

これってものすごくもったいないことだと思います。

 

まあ、そこのインストラクターの腕前とか人間性によるんだけど、そのリスクがあるってことです。

 

ストリートダンスは基本的に自力でその道を切り開いていくもの。

これがストリートダンスシーンでは一般的だし、今活躍してる人たちはそういう人たちばかりです。

ダンスってセンスがとても大切なんだけど、センスって教えてもらうだけじゃなくて身に付きません。

自分で経験するしかないです。

 

 

また、インスタラクターによってダンスもダンスに対する考え方も全然違います。

一口にヒップホップと言っても、踊り方もいっぱいあります。

だからある程度自分でダンスのこと調べたり、見たりして、「こういう風に踊りたい」とか「こういう風なのがかっこいい」とかちょっと指針があったほうがいいと思うんです。

 

それにやっぱりスクールはお金もかかるしね。

 

 

独学だけでやるデメリット

 

ここまで独学で始めることを結構すすめてきたけど、もちろん独学だけでやるデメリットもいっぱいあって、

  • 質問できない
  • 動きが正しくできてるかわからない(自己判断するしかない)
  • 情報が入りにくい
  • 仲間を見つけるのに苦労することも
  • 生で良いダンスが見れない(なんだかんだ言ってインスタクターは上手い人が多い)

などなど。

 

独学だけでダンスしてたら上記のような壁に必ず当たることになります。

私も独学でダンスしてたころ、「これで本当にあってるのか?」とか「もっと上手くなりたい!」

って感じ、レッスンに行くようになりました。

 

 

結論:独学でも可能。どこらへんで満足するか次第

 

私はダンスは自力の世界だと思うので、独学からダンスを始めることにはむしろ賛成です。

ただ上に書いたようにデメリットも出てくるので、独学だけではとりあえず踊れるようにはなるけど、いずれ限界がくるってことです。

どこらへんで満足するか次第かもしれませんね。

 

上でも何回も書きましたが、ダンスは自力の世界です。

自分で考え、自分が主体的になって行動することがより求められます。

 

改めて、

独学(自力)が基本。(できれば早めに仲間をつくるのがおすすめ)

知りたい事があったり、満足できなかったり、ぜひ教えて欲しいって人が見つかったら、レッスンに行く

この方式がおすすめってことです。

 

独学ではじめないにしても、インターネット活用して情報を得たり、Youtubeで動画見てみてからスクールに行く方がイメージができるからいいですよ!

ぜひこのブログにもいろいろ情報を書いてるので活用してみて下さい。

 

長くなりましたが読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

ストリートダンスは独学だと限界がある!? メリット・デメリットなど

シェアしていただけるととてもうれしいです!

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!仙台でハウスダンスしてるGAKUTOです。(本名です笑) このブログ「my Dance」は、大人からストリートダンスを始める人にダンスの情報をシェアできたらな!っていう想いで運営しています。 あとは日々感じたことや私が住んでいる仙台のこと、生活に役立つ情報などもつづっています。 レッスンなどのご依頼があればご連絡ください! どうぞよろしくお願いいたします。